万博記念公園といえば大阪の花見の名所!太陽の塔だけじゃない

大阪の遊び場
ふくろう
ふくろう

こんにちは、なんの取柄もないふくろうです。

春の代名詞と言えばやっぱり桜ですよね。大阪にはいくつか桜の名所があります。

今回は日本さくら名所100選や大阪みどりの百選に選ばれている、万博記念公園を紹介します。

引用元:Youtube 東京光音 tokyokouon様の動画
桜@万博記念公園 cherry blossoms@ Expo ’70 Commemorative Park

★日本さくら名所100選に選ばれている、大阪城公園の桜はこちらの記事を参照
→大阪城の桜を見に行きたい!子連れでもラク~に楽しむ方法とは
スポンサーリンク

万博記念公園の基本情報

名称 万博記念公園 BanPaku Kinen Koen
所在地 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園
交通 大阪モノレール
「万博記念公園駅」・・・太陽の塔の近く
「公園東口駅」・・・万博記念競技場の近く
電話番号 06-6877-7387
入園料金 大人250円、小中学生70円
営業時間 9:30~17:00
桜まつり期間中は~21:00
定休日 毎週水曜日(水曜祝日の時はその翌日)
※4/1からGW、および10,11月は無休
駐車場 約4300台
公式サイト 万博記念公園

ちなみに、JAFの会員は窓口で会員証またはアプリを提示すると入場券の割引があります。

会員の方はお見逃しなく!

スポンサーリンク

新大阪・大阪駅から万博記念公園へのアクセス

大阪以外の都道府県から来られる方は、JR新大阪駅かJR大阪駅から向かう事になると思います。

行き方はいくつかありますが、以下の乗り換えが一番スムーズです。

JR新大阪駅から

大阪市営地下鉄・御堂筋線・千里中央行き(2番線)

「千里中央」下車

大阪モノレール・門真市行き(1番線)

「万博記念公園」下車

(所要時間約30分)

JR大阪駅から

阪急梅田駅・千里線・北千里行き(2・3番線)

「山田」下車

大阪モノレール・門真市行き(1番線)

「万博記念公園」下車

(所要時間約40分)

スポンサーリンク

万博記念の桜まつり


3月下旬~4月中旬にかけて開催されるイベントです。期間中は無休です。

桜まつりイベント期間中、営業時間は09:30~21:00となります。

夜桜のライトアップもあり、屋台も多数でるのでお祭り気分が味わえます。ライトアップするエリアは自然文化圏の東大路です。

万博記念の花見以外の見どころ

ふくろう
ふくろう

万博記念公園に来たなら桜を楽しむのも大事ですが、やっぱりアレは外せないですよね?

そう

 

太陽の塔!

クレジット[ フリー素材ぱくたそ photo Yukillow ]

岡本太郎さんが設計された太陽の塔ですが、このあたりも桜が沢山ありますので花見と一緒に楽しめます。

桜は東大路、日本庭園、お祭り広場、大地の池、水鳥の池、など広範囲で鑑賞できます。

ですが、園内はかなり広いので歩きやすい靴を履いた方が疲れにくいのでお勧めです。

また、園地の西半分を巡回する森のトレインを利用して、園内の桜を鑑賞することもできます。

 

大阪の桜名所だと、同じく日本さくら名所100選の大阪城公園や造幣局が有名だと思います。

穴場とまでは言い過ぎかも知れませんが、万博記念公園の桜もとても素晴らしいですし、桜以外の見どころも沢山あります。

桜シーズンに大阪に来る機会があれば、一度足を運んでみてくださいね。

まとめ

以下にざっとポイントを箇条書きにします。

◆桜まつり開催期間は3月下旬~4月中旬

◆桜まつり期間中は東大路で夜桜ライトアップ&屋台あり

◆太陽の塔に近いのは「万博記念公園駅」

◆入場券はJAF会員だと割引がある

◆広いので歩きやすい靴を履くのがおすすめ

それでは、春になったら万博記念の桜を楽しんでくださいね^^

日曜日だとフリーマーケットが開催されていることもあり、本当に見どころ満載です!

コメント

大阪の遊び場
スポンサーリンク
ふくろうの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました