中国の厦門(アモイ)観光なら天界寺にあるゴンドラに乗ろう!

中国観光
シロ
シロ

こんにちは。中国語が話せないのに中国担当のシロです。

中国厦門(アモイ)の観光ガイドにも載っているけれど、どちらかというと穴場の観光スポットである天界寺( Tianjie Temple)へ行ってみました。

場所は厦門市の左下あたり、厦門大学や南普陀寺からも近いです。

見どころ満載なので、福建省アモイ市に行かれる際は立ち寄ってみる価値ありですよ。

3つの視点で楽しめます。順を追っていきますね。

スポンサーリンク

中国厦門の観光名所:厦門園林植物園

天界寺は厦門園林植物園(Xiamen Botanical Garden)の敷地内にあるお寺です。

厦門園林植物園そのものは相当広いです。

わたしは全エリア散策した訳ではないのですが、草木が多く虫もいますので長ズボンで行くことをお勧めします。

気候が温暖で12月でも蚊が沢山いますので注意してください。

植物園という名のトレッキングコースみたいな所ですので、汗もかきますからタオルや着替えも準備しておきたいところです。

どんなところか?入り口からみていきましょう。

さっきの地図で「厦門園林植物園」のところに黒印があったのですが、この場所が入り口になります。

写真右奥の門が天界寺へ続きます。

入り口の門を抜けると綺麗な道が整備されています。

奥にいくとトレッキングエリアに突入。けっこう良い運動になりますよ

池なんかもあります。ほんと静かで落ち着きます。

植物園の散策はそれだけで1日楽しめて、見どころもたくさんあります。

スポンサーリンク

中国厦門の観光名所:天界寺

この寺院は西暦1777年から建造されたようです。歴史のあるお寺なんですね。

これが入り口です。とても立派な門構えです。

中に入るとすぐに綺麗な壁画が目に飛び込んできます。

この龍の壁画は迫力がすごい。

いよいよ天界寺のお寺部分です。

仏教徒さんが参拝に来ていました。中国の方はけっこう熱心にお祈りされる方が多い印象です。

人込みは少なく自分のペースでゆっくりと境内を散歩したり参拝する事ができますよ。

それでは最後に空から楽しむ部分の紹介です。

スポンサーリンク

中国厦門の観光名所:空から楽しむ天界寺

厦門園林植物園の入り口から天界寺にいくまでの間にケーブルカーの乗り場があります。

これに乗らない手はないです。

 

ただし、

メッチャ怖いです!

 

高いところが苦手な人にはあまりおすすめできませんが、子ども連れやカップルだと楽しめると思います。

厦門園林植物園のケーブルカーに乗ってみた

ここが入り口です。カウンターでチケットを購入します。ケーブルカーの経路の見取り図もあります。


チケットは大人50元、こども25元です。

WeChatの電子マネーで支払おうとしましたが扱っていませんでした。

現金を準備しておきましょう。

ケーブルカーの駅は出発地を含めて3か所です。

終点の鼓山で降りて下山すると南普陀寺に入ることもできます。

鼓山まで片道20分かかります。

ケーブルカーに乗ると、いきなり道路を横断しますwわたしは怖くて体が震えました^^;

ケーブルカーの乗車人数は2名。かなり小さくて狭いです。

めっちゃ高いです・・・

でも空から眺める天界寺もまた綺麗です。

中間地点の駅です。わたしが行ったときは下車禁止になってました。

海も一望できます。2本のビルはコンラッドホテルです。

下の写真の奥に見えるのが終点の鼓山です。

スタッフに「ここで降りるか?」どうか拡声器で聞かれます。

降りない場合はUターンして出発地点に戻れます。Uターンする場合はチケットを見せる必要がありますので、チケットはなくさないようにしてください。

Uターンしてるところ。

やっと帰ってきました。道路横断はやっぱ怖い。

Uターンしても往復で40分です。

あの高さから見る景色は写真ではなかなか伝わりませんので、高いところが大丈夫な方は一度行ってみてください♪

コメント

中国観光
スポンサーリンク
ふくろうの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました